2008年03月22日

カラヤンの「こうもり」(新盤)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



豪華なガラ・パフォーマンスの顔ぶれでも有名なステレオ最初期1960年の名盤でカラヤン2度目の録音。

ウィーン情緒に満ち溢れた、楽しいディスクで、カラヤンの巧みな指揮もさることながら、ウィーン・フィルの優美艶麗な音がたまらない魅力となっている。

最大の魅力は当時デッカの専属だった11人の名歌手たちが思い思いにお得意の歌を披露するガラ・シーンの面白さにつきる。

11人のうち、モナコ、ビョルリンク、バスティアニーニなどほとんどの人はすでにこの世になく、現役で活躍しているのはベルガンサくらいだということを思うと、今昔の念に堪えないが、今聴きなおしてもなおそれは最上のエンターテイメントとして充分に楽しめる。

そうしたデッカのスタッフによる見事な録音と演出、第2幕の名歌手達によるガラ・パフォーマンスが大きな魅力なのは事実だが、それらを度外視してもこの「こうもり」は屈指の名盤だ。

カラヤンの指揮は序曲から切れ味のある速めのテンポで進み、オペレッタの臨場感を味わわせてくれる。

カラヤンの恰幅のよい上品な音楽作りは、作品にふさわしいスケールを生み出し、その中で名歌手達が、なんと楽しげな世界を作り出していることか。

これは当時のウィーン・オペラ界の栄光の時代の素晴らしい記録である。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 03:54コメント(0)トラックバック(0)カラヤン | シュトラウス 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ