2008年03月23日

ウィーン弦楽四重奏団のシューベルト弦楽四重奏曲


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



「ロザムンデ」はきわめて張りのある演奏である。

いかなる場合でもアインザッツがシャープで明快で、それに伴った音楽の流れを作るために、リズムと拍子感もはっきりと強調されている。

しかも充実感を出すために、全体に音に厚みをもたせている。

第2楽章はさすがにウィーンSQのシューベルトといった感じで、豊かな抒情があふれ落ち着いた気分もある。

ロンドはたっぷりとした表情で、流麗な演奏を聴かせる。

ウィーンSQは以前よりも緻密さと安定性を加え、自信あふれる積極性が一段と表れてきた。

この団体がまさに円熟の境地に達したことを如実に示した演奏だ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 13:11コメント(0)トラックバック(0)シューベルト  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ