2008年03月26日

カラヤンの「ボエーム」


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



カラヤンの数多いイタリア・オペラの中でも、ヴェルディの「ドン・カルロ」や「アイーダ」と並んで最も完成度の高い名演。

微細な音色の変容と、それを劇的効果や情感にぴたりと一致させる呼吸の巧みさ、構成の起伏の見事さ。

それに加えて、ここでの歌手の素晴らしいこと!

ミミやロドルフォの青春の喜びと悲しみを、フレーニとパヴァロッティは見事に歌い出す。

その他独唱陣のすべてが充実していて、たいへん聴きごたえのあるディスクだ。

フレーニのしっとりとした清純なミミを中心に、パヴァロッティのロドルフォ、パネライのマルチェッロ、ギャウロフのコルリーネ、マッフェオのショナールら、4人のボヘミアンたちがそれぞれ秀逸で、持てる力を最高度に発揮している。

それらを統率するカラヤンの指揮がなんと見事なのであろう。

カラヤンの豊かな表現力には感嘆の他はない。

1972年の録音だが音もよいし、別項であげたセラフィン盤と双璧をなす名盤だ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 23:33コメント(0)トラックバック(0)カラヤン | プッチーニ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ