2008年03月27日

カラヤンの「アイーダ」新盤


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



カラヤンにとって2度目の録音。

輝かしい響きを伴う祝典的オペラには違いないが、《アイーダ》には円熟したヴェルディが成し得た精緻な音楽劇という面もある。その両方を、徹底的に表現できたのがカラヤンだった。

カラヤンはベルリン・フィルではなく、ウィーン・フィルの甘美な音色を利用して、南の風が吹く官能的な面を強める。

カラヤンが歌手たちに、リリカルな歌の美しさと繊細でデリケートな抒情を要求したことは、キャストの選定からも明らかだ。

常識的に考えれば「アイーダ」には軽すぎ、細すぎる声を起用し、より透明で精妙な抒情的表現を生み出している。

カラヤンはアイーダにフレーニ、ラダメスにカレーラス、アムネリスにバルツァ、アモナスロのカップッチルリと、自分の考える理想的なキャストを組み、それぞれの歌手たちの実力を最高度に発揮させながら、雄渾かつ壮麗にまとめている。

なかでも、ドラマティックなソプラノが歌うことの多いアイーダに、あえてフレーニを起用することで、繊細で情感に富んだ性格を全面に出す。

この時期のカラヤンのやり方が、すべて成功したわけではないが、この《アイーダ》は成功だった。

フレーニのアイーダ以上に、この全曲演奏の要となったのはカレーラスのラダメスで、2人の純愛がくっきりと描かれ、大がかりだが同時に大味であるような演奏とは大きく隔たった《アイーダ》をつくり上げている。

むろんこのオペラの壮麗でもある面はカラヤンの得意中の得意だったわけで、他にひけをとらない。

これは、このオペラの楽しさを満喫することのできる名演奏であり、カラヤンの指揮したオペラ全曲録音の中でも、ひときわ傑出したものだ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:48コメント(0)トラックバック(0)カラヤン | ヴェルディ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ