2008年03月27日

レーグナーのヤナーチェク:シンフォニエッタ&タラス・ブーリバ


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

 

レーグナー盤は両曲とも彼の長所が万全に発揮された見事な演奏だ。

ことに遅めのテンポで丹念に練り上げながら、作品の持ち味を十全に表出した「タラス・ブーリバ」が大変充実した立派な演奏で、ヤナーチェク固有のオーケストレーションを鮮やかに再現する卓抜な手腕はレーグナーならでは。

「シンフォニエッタ」はやや重厚にすぎるが、レーグナーの高度な職人技がしっかりと息づいており、骨格のがっしりとしたコクのある表現には強く惹かれる。

ファンファーレ型のオケ・ドライブに酔い痴れるだけの演奏が大半のなかで、ほぼ1人レーグナーだけが作品の振幅の大きさと精妙な構造を明らかにしている。

その1つが絶対に絶叫しない、一見静かな佇まいである。

どの楽章においても、その美点が活きているが、とくに終楽章の見事なまでの音色変化と重層的な響きは天才的!

何度聴いても飽きないほどの美しく力強い音楽である。

ヤナーチェクの土臭さといった民族性は若干希薄ではあるが、独特の語法は明確に眼前に広がっている。

これはドイツの美感とでも言うべきか、両曲ともしなやかでいながら決して軽くならず、実に味わい深い出来栄えだ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 01:25コメント(2)トラックバック(0)ヤナーチェク  

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by kero   2008年03月27日 12:05
5 さっそくヤナーチェクの演奏評を書いていただいてありがとうございます。
ブラヴォ!!
ノイマンやターリヒはもちろんはずせませんが、ハインツ・レーグナー!!
そうきましたか、やられました。
レーグナーの「シンフォニエッタ」さっそく聴きます。
あの豪壮なレーグナーの指揮で、あの金管ファンファーレ、しびれそうです。

2. Posted by 和田   2008年03月27日 19:47
そうです。意表をつきました。もちろんマッケラスは外せないのですが。レーグナーがツボにはまると凄いのです。ビゼーも良かった!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ