2008年03月27日

カラヤンの「ドン・カルロ」


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



4幕版で、カラヤン唯一の録音。

この作品のもつ魅力をあますところなく表現した圧倒的な名演である。

カラヤンの「ドン・カルロ」に対する並々ならぬ傾倒と熱意と練磨の行きつく果てに生まれた名演で、完璧な精錬と充実の中に、異常な手応えと感銘を与えてくれる。

まさにカラヤンのヴェルディ演奏の精髄を示したものだ。

ベルリン・フィルの卓越したアンサンブルを駆使してのカラヤンの指揮は、ここでは歌とオーケストラとが見事に融合して、まれにみる壮大なドラマを作り上げている。

歌手たちもまた無類の充実ぶりで、美しい声とこまやかで力強い劇的表現を求めるカラヤンの妥協を知らぬ姿勢に応え、見事な成果をおさめている。

ドン・カルロのカレーラスやエリザベッタのフレーニをはじめ、その充実ぶりは比類がない。

カラヤンの「ドン・カルロ」は、カレーラス、フレーニ、カプッチッリといった歌手陣がカンタービレたっぷりに歌っているが、オーケストラがベルリン・フィルだけあって同じヴェルディの「トロヴァトーレ」や「オテロ」と同様に全体としては必ずしもベルカントに満ちたものではない。

しかし、暗い悲劇のドラマを壮麗にそして劇的に構築していくのは見事という他ない。

完璧なドラマとして描き切っているためにイタリア的ヴェルディ表現ではなくても普遍的な説得力がある。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 20:35コメント(0)トラックバック(0)カラヤン | ヴェルディ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ