2008年03月29日

ツィマーマン&バーンスタインのブラームス:ピアノ協奏曲第1番


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

 

ツィマーマンはブラームスのピアノ協奏曲第1番をラトルと再録音しているが、筆者はバーンスタインとの旧盤を採りたい。

オーケストラが全くすばらしい。

第1楽章の何という濃厚な生々しさだろう。

第2楽章のピアニッシモも効いているし、フィナーレではウィーン・フィルの柔らかい情感や優美な魅力を最大限に発揮する。

ツィマーマンのピアノも訴える力は強く、第1楽章の終わりや第2楽章などは、当時26歳の青年の演奏としては絶賛に値する。

ブラームスの哀しい独り言やかきくどき、青白い寂しさを充分に表現し得ている。

ツィマーマンの磨き抜かれたタッチは、1つ1つのフレーズを明確なアーティキュレーションではっきりと浮かび上がらせる。

解釈はブラームスのロマンティシズムを生かしながら現代風の明晰な知性を感じさせるもので、遅めのテンポと相まって演奏に落ち着きを与えている。

バーンスタインとウィーン・フィルも圧巻で、強い緊張感と持続力を維持しながら、オーケストラから美しい響きと広がりを引き出している。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:18コメント(0)トラックバック(0)ツィマーマン | バーンスタイン 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ