2008年04月03日

カラヤン絶頂期のチャイコフスキー


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



1971年の録音で、カラヤンが最も自己を激しく主張していた時期の演奏。

表情が大きく威圧的で、響きも華麗、それだけに聴き手の趣味によって好悪が分かれるかもしれないが、カラヤン・ファンにとってはたまらない演奏である。

第4番の冒頭からして精力的で華麗な演奏だ。

それはいかにもカラヤンらしいといえるが、ベルリン・フィルの交響的な響きを駆使しながら、テヌートのきいた歌を堅固な構築性でまとめている。

特に第2楽章の磨かれた感覚美とロマンの融合は見事というほかはない。

第4楽章は劇性と緊迫感のつくり方が実に巧妙だ。

第5番は豪壮で劇的、そして精緻な表現だ。

しかしカラヤン特有の表情が多々あり、そのへんが賛否を呼び起こすことになろう。

この第5番はチャイコフスキーの中にあるドイツ交響曲の影響をことさら強く感じさせる。

「悲愴」は極めて感覚的で、これこそはカラヤン独自の世界である。

耽美的なチャイコフスキーの一面を表しており、その洗練と優美さの中に一種の頽廃の匂いさえ漂うが、こうした角度から迫った演奏はカラヤン以外には見あたらない。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 07:40コメント(0)トラックバック(0)カラヤン | チャイコフスキー 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ