2008年04月03日

バーンスタインのマーラー「復活」


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



きわめてロマンティックな表現のマーラーだ。

冒頭から楽想の一つ一つを入念に表出し、濃厚な表情で全体を堅固に組み上げている。

当然感情的な思い入れも強いが、それがまた交響的な壮大さをいやが上にも高めている。

この曲は世界中で好んで演奏されるゆえ、録音も多々あるし、効果的に書かれているため、どれを聴いてもそれほど印象は変わらない。

そんな中、バーンスタインの演奏は、じっくりと作品の情感を迫っていくという点では、極めてユニークで説得力がある。

第2楽章では、甘美な世界が、まるですでに失われたものを回顧するかのような色調で描かれている。夢のような美しさだ。

声楽が登場する第4,5楽章も静かで深い祈りをこめたような演奏である。

そしてしばしば軽薄なお祭り騒ぎになってしまう最後の部分は、むしろ盛り上がりを抑え、そのためにかえって真剣さ、深刻さがよく伝わるのである。

これほどまでに宗教的な雰囲気を出した演奏はほかにあるまい。

特に「原光」と題された第4楽章と合唱の登場以降のフィナーレにおける感動の深さは比類のないものであり、終末合唱の終曲的高まりは、有無をいわせぬ驚異的説得力がある。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 08:18コメント(2)トラックバック(0)マーラー | バーンスタイン 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by レニー狂   2008年04月07日 21:23
5 復活はご指摘の通り効果的に書かれているので、マーラーにしては比較的昔から演奏会で取り上げられる曲らしく、確かバーンスタイン自身もワルターの代役での衝撃的なデビューの直後のNYPとの演奏会は復活だったはずです。
マーラーが一般的に受容されるに従い、またバーンスタインがマーラーの曲を自身とより同化させていくに従い、外面的な効果よりも内面が重視され、結果的にこの演奏ができたのだと思います。
2. Posted by 和田   2008年04月07日 23:11
おっしゃる通りかと思います。円熟の名演ですね。またのコメントお待ちしております。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ