2008年04月07日

グールドのベートーヴェン/ピアノ・ソナタ(初期〜中期)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ペダルの使用を極力控え、ノン・レガート奏法を多用した、いかにもグールドらしい演奏だ。

これはベートーヴェン時代のクラヴィーアの機能を念頭に置いたものだろう。

テンポも全体的に遅めで、ことに緩徐楽章にその傾向が強い。

どの曲も新しい解釈に満ち、初々しい音楽としてその姿を現す。

手垢にまみれていないこのベートーヴェンは実に貴重だ。

第5番からして、驚くほど速いテンポで衝動的に弾き上げられる第1楽章、逆に細部にこだわりすぎて多感な音楽の流れを損なってしまう第2楽章など、ベートーヴェン演奏としては大きな違和感を覚えさせられる。

一様にエキセントリックであり、ここに精神の深みや安定は求められないが、グールドというピアニストを解明するには興味ある演奏だ。

「悲愴」や「月光」でグールドは、ベートーヴェン時代の明澄だが張力の弱いピアノ感触を、現代のピアノで再現しようとする。

第13番はグールドの面目躍如たる演奏だし、「葬送」も説得力に富んでいる。

右手の旋律を分断して一個ずつの和音として響かせるなど、楽章個々の継続性や連続性を拒絶するその姿勢は、エモーショナルに流されることなく音楽を冷静に見つめることを意図したものだろう。

だが、タッチやダイナミクスとテンポとのアンバランスは説明し難い。

聴き手もそれを強いられ、音楽への問いを発しながら作品に接することになる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:47コメント(0)トラックバック(0)ベートーヴェン | グールド 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ