2008年04月10日

メンゲルベルクのチャイコフスキー


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

  

メンゲルベルクが最も得意としたレパートリーは、ベートーヴェン、ブラームス、チャイコフスキーで、常に名演の名をほしいままにしていた。

特にチャイコフスキーはメンゲルベルクの体質と合い、スーパー・ロマンティシズムを感じさせる。

メンゲルベルクは男性的で情熱に燃えており、同時に柔らかく丸味もある繊細さも持っていて、この二つを渾然と融合させている。

彼の音楽はいつも暖かいし、迫力がこもっている。

ロマンティックに旋律を歌い上げ、必要とあれば憂愁性をこめることが出来る。

だが決して感傷におぼれることがなく、客観的に曲を把握することも出来る。

だからチャイコフスキーに最適なのである。

特に「悲愴」は無数のチャイコフスキーの録音の中の金字塔である。

多くの指揮者はこの美しい旋律をただ美しく描出すればよいという態度で表面的に解釈するか、そうでなければ憂鬱にはまりこんで、にっちもさっちもゆかなくなって感情の流れを停滞させてしまうが、メンゲルベルクは憂鬱を客観的に把握して、おぼれこんでしまうことがない。

もっと大局的この曲と対決し、自分の特長のロマン性をいかんなく発揮している。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 08:13コメント(0)トラックバック(0)チャイコフスキー | メンゲルベルク 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ