2008年04月21日

ポリーニ&アバドのバルトーク:ピアノ協奏曲第1番&第2番


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ピアノがこれほどの幅広い表現力をもっていたのかと、驚かされる演奏である。

すこぶる激しく変化する曲想を、極めて冷静な目で捉え、知的に表現しているのが特徴だ。

この演奏が録音された1977年というと、ポリーニは積極的に現代作品を演奏会のプログラムのなかに取り入れ、実に鋭く研ぎ澄まされた感覚で、精度の高い演奏をおこなっていた。

ここでも、彼のピアノは強靭かつ繊細で、たいへん構築がしっかりしている。

第1番は、まさに《壮絶》ともいえる独特の熱気と迫力に溢れた演奏で、民族色を色濃く表出したオケをバックに、ポリーニの火を吐くような熱演が繰り広げられる。

そのテクニックの冴え、曲に対する切り込みの鋭さは他に類を見ない。

第2番も感動的な名演で、ポリーニの気迫がひしひしと感じられる。

ことに強烈なリズムで、ピアノを打楽器的に扱った第3楽章は圧倒的で、心・技ともに揃った秀演だ。

アバドの指揮も絶妙で、まことに緊張度が高く、バルトークの音楽特性を万全に表出している。

シカゴ響の洗練された響きは、他のオーケストラからは、なかなか求められない。

ピアノの音を鮮明に捉えた録音も光っている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 16:07コメント(2)トラックバック(1)バルトーク | ポリーニ 

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 喜びの島 シテール島への船出  [ クラシック音楽を楽しむアマデウスレコード ]   2008年04月29日 04:50
 わたしはピアノ曲が大好きです。生まれた時からオルガンがありました。足踏み式の古いオルガンでした。それは母が嫁入りの時に持ってきたものです。女学校を出て小さな分校で、苦手な音楽を教えるのだけは不得手だったと語っています。  難産で生まれたわたしに、無理せ...

コメント一覧

1. Posted by アマデウスレコード   2008年04月23日 15:30
4 はじめてコメントいたします。ポリーニのピアノの音には、何か秘密があるのでしょうか。ポリーニ自体のタッチが、立体的な響きを生み出しているのか、それとも音作りのポリーシーがエンジニアに良く伝えられているのでしょうか。ピアノが目の前にあるように展開することは前々から、楽しんでいます。最近、デビュー時の2枚のドイツ盤LPを並べて聴く機会があり、すでに優れた響きで録られていることに驚いています。
2. Posted by 和田   2008年04月23日 15:46
コメントありがとうございます。
やはりテクニックが抜群に優れているということでしょうね。それゆえ、あの磨きあげられたタッチが生み出されるのだと思われます。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ