2008年04月22日

ドラティ&コンセルトヘボウのバルトーク:管弦楽のための協奏曲


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ブダペストのフランツ・リスト音楽院でコダーイやバルトークに師事したドラティは、さすがに恩師の作品の演奏に対する理解力はたいへんなもので、天下の銘器コンセルトヘボウ管弦楽団を指揮したこの録音は、ドラティの数多いアルバムの中でも屈指の名盤といって良い。

彼は過去の実績からいっても不思議とこのオーケストラとウマが合う。

マジャール的な味を全篇に色濃く出し、異常なまでに密度の高い演奏を繰り広げる。

細部までよく考えられており、各部分の描き分けの適切さに舌を巻く。

素晴らしい立体感だ。

特に第3楽章から第4楽章にかけての盛り上げ方にうまさには圧倒される。

息を呑むような演奏とはまさにこのことで、独奏者たちの腕も冴えわたっている。

ハンガリー的情感を見事に表出している点も、他の名盤にはない味わいだ。

もっと派手な音や、直截的な迫力を楽しみたければ、ベルリン・フィルやシカゴ響などのものを聴けばいい。

そうした演奏から聞こえない音楽を聴きたいのなら、ドラティのCDに第一に指を屈する。

苦みのうまさがわかる、微妙な味の違いのわかる大人のための音楽だ。

その他の曲も屈指の名演で、ハンガリー人としての血のたぎりさえ感じさせる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:02コメント(0)トラックバック(0)バルトーク | ドラティ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ