2008年04月24日

ポリーニのシューベルト:後期3大ピアノ・ソナタ


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ポリーニの以前のシューベルトは、まるで方眼紙に定規を使って製図し、それを完璧に実現したような凄味と若々しい覇気があり、それはそれで極めて魅力的で忘れ難い名演だった。

今回の演奏も基本的にアプローチの方法は変わらないが、彼の関心はよりシューベルトの音楽の内面の発見に強く向かっており、その意味で演奏に深みが増している。

ポリーニはドラマティックな表現と、心打つ優しい抒情的表現で、彼一流のバランス感覚の中に独特の調和を保ちながら、シューベルトの晩年の特異な音楽の世界を雄弁に伝えてくれる。

演奏はすべて自筆譜に従っており、ポリーニはシューベルト自身のペンそのものから、この作曲家の音楽に迫ろうとしている。

ここには作曲家晩年の、瞬時に移り変わる音楽の光と影がしっかり捉えられている。

ポリーニはロマン派の作品を、大作であれ小品であれ彼流に構成しないではおかない。

このシューベルトではその信念を貫き理念を実現しているがゆえに、迫力と魅力のある演奏になっている。

一際目立つのは、ノスタルジアを誘い出す《おおらかな》美しさで、第19番の第4楽章、第20番の第2,4楽章の魅力は何と表現したらよいのだろう。

以前のシューベルト録音と比べてもはっきりと変化と円熟が表れている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:08コメント(0)トラックバック(0)シューベルト | ポリーニ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ