2008年04月26日

カラスの「カルメン」


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



カラス唯一のスタジオ録音で、ライヴ録音も他には残されていない。

この演奏の最大の魅力は、カラスの素晴らしい歌唱にある。

そのドラマティックな表現の幅の広さと深さでは、プレートル盤のカラスにまさるものはない。

まさにカラスのカルメンに脱帽するディスクで、まるでカルメンそのもののような、奔放で情熱的な演唱には完全に魅了されてしまう。

自由奔放で妖しい魅力を発散するカルメン、激情にかられてののしり叫ぶカルメン。

余りに強い凝集力が息苦しさを感じさせることも事実だが、これほど劇的緊張感に富んだ演奏もほかにはないことも確かだ。

それは、およそカルメンの音楽とキャラクターの中にあるドラマと感情のすべてを最も深く、最も鋭く、そして最も音楽的に歌い出したものとして他に類がない。

この録音当時、カラスは41歳。

彼女の歌には、女盛りの妖しい色気が満ち満ちている。

そのほかではゲッダのドン・ホセが名唱で、これは、カラスの残した数多くのディスクのなかでも特に音がよく、彼女の至芸を存分に味わうことができる。

現在ではいささか時代遅れになってしまったギロー校訂のレチタティーヴォ版による演奏でありながら、緊迫した劇的表現のおかげで、少しも古さを感じさせない。

プレートルのフレッシュな指揮も申し分ない。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 02:29コメント(0)トラックバック(0)ビゼー | カラス 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ