2008年04月28日

ベーム&ベルリン・フィルのブラームス:交響曲第1番


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ベーム65歳の時の録音で、最晩年のような威容と味わいの濃さはないが、作品の古典的性格が端正・強靭な造形で示され、後年のそれに勝るとも劣らぬ演奏を展開している。

何よりも音楽が精力的で若々しく、爽快な足取りで進行する。

しかも重厚で着実、熱気にあふれ、作品の精髄を見事に表出している。

それにしてもなんと演奏技術の緻密な、安定した演奏であろうか。

ベームほど音楽に対して自然で作為のない、それでいて音楽のツボにはまった演奏をする指揮者はおそらくいないのではないか。

それにはベルリン・フィルのような、どの楽器も機械のように正しい、そして感情をもった演奏のできるオーケストラが必要なのであろう。

何といっても際立っているのは、ベームの厳しい造型と激しい気迫、そして、それに応えるベルリン・フィルの怒濤のアンサンブルである。

ことに素晴らしいのが第1楽章だ。

序奏の剛毅さは、作曲者の指定したマエストーソに相応しいものだし、主部に入っても、緊張感が途切れることはない。

展開部の音と音の葛藤こそ、ベームの絶好調を伝えている。

つづいてはフィナーレ。

序奏のアンサンブルは緻密であるし、やがて現れる朗々たるホルン、清々しいフルート、荘重なトロンボーンのコラールも厳粛で美しい。

主部も第1楽章に準ずるが、コーダへ向かう高揚感と突入後の嵐の進軍は凄まじいものがある。

録音はやや古くなったが、今でもこの曲の筆頭に挙げられてよい感動を呼ぶ名演だ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 16:40コメント(2)トラックバック(0)ブラームス | ベーム 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by しばこ   2008年04月28日 22:43
はじめまして。トラックバックありがとうございました!
すごい情報量!聞き込んでいらっしゃるんですね〜〜
また参考にさせていただきます♪
2. Posted by 和田   2008年04月29日 00:00
しばこさん、コメントありがとうございます。
ご気楽に掲示板にもお越し下さい。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ