2008年04月30日

ベームのブル3


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



堂々とした風格を感じさせる名演。ベームならではの質実剛健な音楽づくりにひかれる演奏だ。

ベームがまだ枯れ過ぎる前の1970年の録音なので、その起伏の大きな音楽運びと張りのある充実したウィーン・フィルの響きは文句なしに素晴らしい。

ベームは悠揚迫らぬ足どりで、素朴といえるほど素直に旋律を歌わせ、間をたっぷりとって雄大に音楽を構築し、そのなかに内面の感動を彫りの深い表情で表している。

ベームは武骨なほどにブルックナーの形式感覚だけをとらえて演奏している。

彼は、例えばカラヤンのように、現代的な演奏効果などを考えに入れていない。

そして、この演奏を聴いていると、音の洪水の中で一種の陶酔を覚えてくる。

それは、ブルックナーの音楽そのものにもよることだが、それ以上に、直観的に指揮するベームの力のある演奏によるのである。

全4楽章のどの部分をとっても素晴らしく、自然なたたずまいをもって聴き手を説得せずにはおかない演奏だ。

既に録音から40年近く経過したが、色褪せるどころか、ブルックナーの素晴らしさをその原点から確認させる演奏としてますます輝きを増してきているように思われる。

この第3番の録音は、第4番「ロマンティック」とともにベームの貴重な遺産のひとつといえよう。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:10コメント(0)トラックバック(0)ブルックナー | ベーム 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ