2008年05月01日

ポリーニのリスト:ピアノ・ソナタ


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ポリーニ初にして唯一のリスト・アルバムは、このピアニストの本領が十二分に発揮された圧倒的な名演である。

ポリーニはブレンデル同様、リストを名人芸や過大なロマンティシズムから解放したピアニストである。

演奏は、鍛え抜かれた音の構築物と呼ぶにふさわしい。

間然するところのないコントロールという点でクールな凄さをもっており、聴いていて苦しくなるほどに凝縮した音の世界をつくり出している。

ポリーニは虚飾を捨て、楽曲本体のみを見据えながら、明らかに熱いエネルギーを注いで演奏している。

余分な思い入れを一切入れない潔さで弾き通されたこのリストは、名演中の名演だ。

強靭で自在なテクニックと桁はずれの集中力をもってこの大作に臨んだポリーニは、凄まじい緊迫感やドラマティックな表情の起伏を実現させると同時に、すこぶるキメ細やかで精妙な表現力をも示し、最も理想に接近したこの作品の再現を可能たらしめている。

難曲中の難曲として知られるソナタだが、ポリーニは、その超凡な技に少しも角立てることがない。

むしろ、精妙な弱音での表現や音色の美しく多様な表現力が大変に雄弁に生かされており、それだけに演奏のしなやかな切れ味がいっそう印象に残る。

しかも、その透徹した表現は、常に美しくひき締まった緊張感をたたえており、深く澄んだ歌を秘めている。

スケールの大きさや豊かさは、単に超絶技巧と大音量からではなく、音色やタッチの精妙を極めた使い分けから生ずることを、この演奏ほど効果的に教えてくれるものはあるまい。

ポリーニの演奏は、前人未踏の境地に至ったリストの実像に迫るにはこれしかないことを教える説得力がある。

名手が全存在を賭けて世に問うた名演である。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 13:59コメント(0)トラックバック(0)ポリーニ | リスト 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ