2008年05月04日

ギーゼキングのラヴェル:ピアノ曲全集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ギーゼキング唯一のラヴェル録音である。

清澄で、主知的で、精妙さを重んずるラヴェルの世界は、ギーゼキングが持てる力を発揮する格好の場となった。

ギーゼキングの演奏スタイルに対し、よく「新即物主義」といわれるが、これは「楽譜を通じて作曲家の真意を読み取ること」という意味だ。

彼が弾くラヴェルは、ただ単に機械的な正確さを追求したのではない。

それは、本来楽譜が要求していない《音楽外》の要素を排除し《音》だけによる表現に立ち戻る意志を示した演奏といえよう。

彼はラヴェルの作品から、その意味を失わない極限まで《音楽外》的な要素をとり省き、そこからまさに《音》でしか表現できない表現が立ち現れる。

ここには決して雰囲気で騙さない演奏と表現があり、確実に作品の実体の存在を実感することができる。

特に「夜のガスパール」と「鏡」で彼を凌ぐ演奏はない。

ラヴェルの存在感を強く意識させてくれる演奏。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 01:08コメント(0)トラックバック(0)ラヴェル | ギーゼキング 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ