2008年05月04日

ギーゼキングのモーツァルト:ピアノ小品集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



モーツァルトで最もむずかしいのは、ここに収められたような技巧的には何の問題もないようにみえる作品。

モーツァルトのピアノ曲は、こうした小曲になるほど意外とひきこなすことがむずかしい。

聴き手を退屈させずに演奏するのは、響きが飛び切り美しいか、リズムが生き生きしているとかの特色がなければ不可能だ。

したがって、たいていのピアニストは表出に工夫をこらし、それをやりすぎると失敗するのだが、ギーゼキングの演奏にはその危険がまったくない。

ギーゼキングはごく自然に流しながら、明快で、繊細にひきあげていて、かつ味わい深く聴かせてくれる。

さすがに《モーツァルト弾き》として名をはせた大家だけあって、みごとだ。

ことに「9つの変奏曲」とロンドK.485が素晴らしい。

一時代を画した演奏家だけはある。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 13:40コメント(0)トラックバック(0)モーツァルト | ギーゼキング 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ