2008年05月05日

ホロヴィッツのスカルラッティ:ソナタ集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



バッハと同時代にスカルラッティがチェンバロのために作曲した珠玉のように美しいソナタは、現在ではスコット・ロスの偉業ともいうべき全集で全曲が聴けるようになったが、スカルラッティの独特の魅力を湛えたソナタの普及に最も貢献したのはホロヴィッツであり、さまざまな機会に録音している。

ピアノの超絶技巧というのは、指がよく動くことだけではない。

ピアノという楽器からどれだけ多彩な音色と表情を描けるかということが最も大切なことである。

ホロヴィッツのピアニストとしての完成度はその音色の多彩な美しさにあり、それを最もよく示し出しているのがスカルラッティを弾く彼である。

絶妙なタッチから生まれる軽やかな音たちが織り成すスカルラッティだ。

もちろん、これらのソナタはホロヴィッツがヴィルトゥオーゾ風の名人芸を聴かせる舞台ではない。

その薄く透明な作品のテクチュアは、まさに1音のコントロールによって音楽の表情を変える。

全17曲のソナタはいずれの曲においてもその表情は驚くほど新鮮で、これらが3世紀もの昔にチェンバロのために書かれたとは信じられない思いがする。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 01:03コメント(3)トラックバック(0)ホロヴィッツ | スカルラッティ 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by Douxce' s Memo   2008年05月06日 17:26
5 はじめまして。
雑録ブログですのに、
トラックバックをありがとうございました。

すごいですね!
大変、お勉強になります。クリック★

2. Posted by Douxce's Memo   2008年05月06日 17:29
5 トラックバックをありがとうございます。

すごいですね!
勉強させていただきました。
3. Posted by 和田   2008年05月06日 18:47
コメントありがとうございます。
そう言っていただけると励みになります。
またのご来訪お待ちしております。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ