2008年05月05日

マイヤー&ブロムシュテットのウェーバー:クラリネット協奏曲集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ウェーバー生誕200周年記念録音。

クラリネットのために書かれた3つの協奏曲では第1番が最も有名で、演奏会でもよく取り上げられる。

ザビーネ・マイアーのクラリネットはいつものことながら大変魅力的だ。

抜群のテクニックを誇るマイアーの演奏は、細かな表情を巧みにつけながら、クラリネット独特の、ロマンティックな味わいを濃厚に出しており、音色も美しく、名演だ。

第1番の第1楽章など、テクニックも音色も抜群といえる。

抒情的なテーマでデリケートな息づかいや思いやりの情にあふれ、しかも決して神経質にならず、終始この楽器特有の深い艶のある音を満喫させてくれる。

第2番や小協奏曲も同じスタイルで、柔らかさから輝きに至る幅広い表情が素晴らしい。

オケも実に見事で、マイヤーのソロを一層ひきたてている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 05:52コメント(0)トラックバック(0)ウェーバー | ブロムシュテット 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ