2008年05月08日

モントゥーのフランク:交響曲(シカゴ響)/ストラヴィンスキー:ペトルーシュカ(ボストン響)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



モントゥーがシカゴ交響楽団を指揮してのフランクの交響曲の録音はその演奏の最高のものとされているひとつだが、彼の着実でしかも音楽を細かくとらえた指揮はフランクの感覚と精神とを自然な統一をもってみごとに再現している。

シカゴ交響楽団の演奏技術はよく、また明瞭で分離のよい録音も、歴史的とはいい切ってしまえない魅力をもっている。

のびのびとして気持ちよく聴けるフランクである。

ボストン交響楽団との「ペトルーシュカ」は名演として尊ばれていたパリ音楽院管弦楽団を振った旧盤に劣らぬ立派な演奏である。

演奏のスタイルも旧盤と同じで、テンポも発想も変わりはない。

オーケストラは旧盤より、このボストン交響楽団との方がいっそう緊密で音色も鮮やかである。

全体におっとりとしているところは、いかにもモントゥーらしく、演出臭のある演奏を聴きつけていると物足りないかもしれないが、譜面をみながら聴くと、その正確さに驚く。

*付記、モントゥー<ペトルーシュカ>初演(1911年、パリ・シャトレー劇場)

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:24コメント(0)トラックバック(0)モントゥー | フランク 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ