2008年05月13日

リヒターの「メサイア」


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



きわめて崇高な気分にみちあふれた、スケールの大きな演奏で、ヘンデルの音楽のたくましく壮麗な面を、みごとに表出した名演である。

バッハの作品演奏の大家として知られていた人だけに、ヘンデルを演奏しても、構築のしっかりした音楽をつくりあげているが、手兵ミュンヘン・バッハ管を指揮したものよりも、このロンドン・フィル盤は、明るくモダンなのが特徴だ。

この英語による「メサイア」では、英語のもっている機能と、ヘンデルの中にあるイタリア様式とが、リヒターの中に色々渦巻いているようで、中途半端なものを残した部分も少なくない。

しかし流動的なフレーズのつくり方は、ヘンデルの世界だ。

リヒターの内なる心の広がり、許容しようとするヘンデル的世界へのアプローチに関して、やはり感動的な演奏だ。

純正なヘンデルかという問題はさておき、この緊張感の高いヘンデルはどうだろう。

パストラールの1ページをとってみても、これほど全精神を一点に集中した演奏はリヒターの旧盤を除けば空前絶後だろう。

リヒターはあくまでも彼の信じる音楽へと、ヘンデルを近づけてしまう。

こうした峻厳なヘンデルにも一度は耳を傾ける必要があるのではないだろうか。

独唱、合唱、オーケストラともに、この曲にゆかりの深いイギリスのメンバーだけあって、たいへんな熱演である。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 01:38コメント(0)トラックバック(1)ヘンデル | リヒター 

トラックバックURL

トラックバック一覧

13日、ギャラリーS.c.o.t.tで、グループ展「f.展」を鑑賞した。 左は、タカハシカエさんの 「まちがった遊び」(部分)で、ほしいなぁ、と思ったら売約済みで、「残念」と記帳しながら目の前の「そわそわ」に そわそわして、そちらをゲットした。彼女とは前日の美しい月の...

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ