2008年05月13日

キャスリーン・フェリアーの遺産


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



フェリアー(1912-1953)がEMIに残したSP録音から復刻CD化したもの。

「大地の歌」とともに、フェリアーの不朽の名唱として知られているディスクである。

ワルターとウィーン・フィルという最も理想的な背景を得て、不滅の名歌手フェリアーの深々とした歌がよみがえる。

特に「亡き児をしのぶ歌」の女声盤は、いまだにこの歌唱をしのぐ演奏は出ていない。

モノーラル録音なので音質は決してよいとはいえないが、この作品にただよう深々とした哀感を、これほど心をこめてじっくり歌いあげた歌唱というのもめったにない。

フェリアーは、ワルターが発掘し、育て上げた名歌手だったが、この録音を行ってから4年後の1953年、ガンのため惜しくもフェリアーは42歳という短い生涯を閉じる。

それは、まさしく彗星のような命で、いうなれば、これは死を間近にひかえた彼女の《運命の歌》でもあったのである。

グルックの「オルフェオとエウリディーチェ」からの4曲も彼女ならではのものだし、パーセルやヘンデルも最も得意とするレパートリーだ。

これらの歌唱には、今の歌手たちには聴くことのできない深い味わいがある。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 19:16コメント(2)トラックバック(2)フェリアー  

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. ピアノパラリンピック支援コンサートbyワルター・デラハント  [ La Dolce Vita 1/2 ]   2008年05月13日 21:44
24日、オリンピック記念青少年センターで、ミュージック ジョイ ミヤモトの宮本ルミ子さんにお招きいただき、カナダのピアニスト、ワルター・デラハントさんによる「ピアノパラ リンピック支援コンサート」に聴き入った。 ハイドンの「アンダンテと変奏曲ヘ短調」、アルベ...
 映画評論家の岩崎昶氏の名著「映画の理論」には、トーキー以後の映像と音楽の試行錯誤の成果の代表例として、1920年代のヴィキング・エゲリング、ルネ・クレール、ハンス・リヒター、フェルナン・レジェ、フランシス・ピカビヤなどの「絶対映画」、あるいは「純粋映画

コメント一覧

1. Posted by トム(Tom5k)   2012年05月12日 00:48
はじめまして、トム(Tom5k)といいます。
わたしは、時代遅れにも、70年代に活躍したアラン・ドロンの映画作品に関するブログ運営をしています。クラシック音楽の記事は、彼の関連記事としてアップしました。トラックバックしていただきまして、ありがとうございました。
アラン・ドロンの作品『パリの灯は遠く』で使用されていたマーラーは、強烈でしたがご覧になったことはあるでしょうか?
当ブログ記事にもコメントなどいただけると嬉しいです。
では。
2. Posted by 和田   2012年05月12日 11:07
トム(Tom5k)さん、コメントありがとうございます。

私も映画音楽は随分聴きましたが、どれも表面的で、内面的な深みに乏しいというのが実感です。

クラシック音楽が色々引用されてますが、演奏がつまらなく、表面だけをなぞった浅薄なもので、ほとんど無視していました。

依然としてその考えは今となっても変わりません。

ではまた。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ