2008年05月15日

F=ディースカウ&ムーアのヴォルフ:メーリケの詩による歌曲集(1961年ライヴ)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



F=ディースカウとムーアのによる1961年、モーツァルテウム、ザルツブルグにおけるライヴ録音。

声とピアノが、まさに対等の立場で競い合うようなスリリングな演奏だ。

曲の細分化に関してF=ディースカウの右に出る歌手はいない。ディクションの細やかなニュアンスが最大に力を発揮して、ヴォルフの変幻自在な歌の命を燃焼させている。

F=ディースカウほどヴォルフを楽しませてくれる歌手はいない。

言葉のもつイメージの多彩な働きが、素晴らしい力をもって、ドイツ語を解さない聴き手をも無条件に呪縛してしまうのだ。

それにムーアのピアノによる、ヴォルフ・エネルギーの凄まじいまでの噴出が相乗作用し、理想的なメーリケ歌曲集を生んでいる。

F=ディースカウというと、リヒテルやバレンボイムと組んだ演奏も名演だったが、それらの演奏よりも、さらに情熱を外に向けて発散させているような歌唱で光っている。

F=ディースカウは絶妙な語り口と心理的な表現で、時には数分の短い歌にオペラの1幕を思わせるようなドラマを織り込んで歌っている。

「癒えたものが希望に寄する歌」での深い表情、「明け方に」での激情、「出会い」「あばよ」での達者さ、「いましめ」での芝居気なども驚くほど。

プログラミングの周到さも名歌手ならではだ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:06コメント(0)トラックバック(0)F=ディースカウ  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ