2008年05月23日

ロストロ夫妻のショスタコ「ムツェンスク郡のマクベス夫人」


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



国際レコード批評家賞、モントルー国際レコード賞を受賞した名盤の復刻である。

早くから「カテリーナ・イズマイロヴァ」はオリジナルの方がすばらしく、20世紀のオペラの名作だ、と主張していたロストロポーヴィチが、1978年に録音したのがこれだ。

確かに挑発的だし、話は陰気で、聴いて心楽しくなるオペラではないけれど、実に聴きやすく、退屈しない作品だ。

スターリンによって不当に黙殺されていたこの傑作オペラを、再び世に出し蘇生させることを願うロストロポーヴィチ夫妻の情熱と執念の強さが、ディスクの中から迸り出る様な演奏である。

そのロストロポーヴィチの意気込みがよく伝わってくる。

ロシア的濃厚さも、当然ながらいっぱいだ。

ロストロポーヴィチのダイナミックかつ繊細な指揮の下、悲しく激しい女の業を歌い上げるヴィシネフスカヤの絶唱を始め、ゲッダ、ペトコフ以下の名歌手達が、入神の演唱を展開している。

チョン・ミュンフン盤のユーイングとは全然違うヴィシネフスカヤのカテリーナは、こちらがもともと意図されたものか、と思えるところがある。

ゲッダのセルゲイもうまい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 05:06コメント(2)トラックバック(0)ショスタコーヴィチ | ロストロポーヴィチ 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by AS   2008年05月23日 18:09
こんばんは。はじめまして。自分が生まれて初めて聴いたオペラがなんと「ムツェンスク郡の…」でした。クラシック音楽に興味があったので、大学生の時に「ロシア音楽」の授業を受けて色々なロシアの作曲家の音楽を聴きましたが、特にこのオペラと、同じくショスタコーヴィチのオペラ「鼻」が特に印象に残っています。国内盤のCDが発売された時には両方ともすぐ手に入れました。ロストロポーヴィチとヴィシュネフスカヤ夫妻の凄さを感じました。ただし、これを聴き通すには、聴く側も万全の状態でないとつらいかもしれませんね。
2. Posted by 和田   2008年05月23日 18:25
ASさん、コメントありがとうございます。
ご指摘のとおり、クラシック音楽にはムード的に聴き流せる音楽ではなく、聴く側にも気力、体力、知力を要求する作品があり、このオペラもその類だと思います。
初めて聴かれた際には「これはすげぇ!」と感じられたのではないでしょうか(笑)?

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ