2008年06月01日

リヒテル/ボロディンSQのショスタコーヴィチ:ピアノ五重奏曲


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ショスタコーヴィチのピアノ五重奏曲ト短調作品57は、「交響曲第5番」と「第6番」の間にはさまれるようにして生まれた作品で、ショスタコーヴィチの室内楽の最高峰としてたたえられている傑作である。

あまりにも陰鬱で深刻な弦楽四重奏曲を敬遠している人にショスタコーヴィチの室内楽の入門として薦めたい。それから弦楽四重奏曲を聴いても遅くはないだろう。

1983年、モスクワでのライヴ録音で、数少ない現代のピアノ五重奏曲の名作の1つが最高の顔ぶれで録音された期待の1枚である。

ボロティン四重奏団の円熟した演奏が見事で、リヒテルのピアノが、それをひきたてている。

エドリーナと共演したボロディン四重奏団の旧盤に比べ、いささか曲を物々しく取り扱いすぎた嫌いがあるとはいえ、巧妙な演奏設計で気の合ったアンサンブルが繰り広げられている。

第4楽章の憂愁をおびた旋律の歌わせ方など、いかにも本場の演奏家らしい表現だ。

ことに第1ヴァイオリンの透き通るような美しさで弾かれる憂愁の歌を中心とした演奏は、最も感動的な部分だ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 14:41コメント(2)トラックバック(0)ショスタコーヴィチ | リヒテル 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by Ю太郎   2008年06月06日 23:04
4 私のブログに書き込みありがとうございます。

また、新しく聞いてみようと思う曲が増えました。クラシック音楽初心者の私にはうれしいことです。
2. Posted by 和田   2008年06月07日 12:48
ありがとうございます。私のブログの記事を読んでいただいて、新しく興味を持たれることはうれしいことです。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ