2008年06月06日

レヴァインの「エフゲニー・オネーギン」


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



チャイコフスキーは、生涯にいくつかのオペラを作曲しているが、そのうちで最も名高いのが、ロシアの文豪プーシキンの小説をもとにしたこの「エフゲニー・オネーギン」である。

この演奏はレヴァインとドレスデン国立管弦楽団の初顔合わせで、ロシア・オペラもこれが初録音。

指揮者とオーケストラ、コーラス、それに歌手たちの組み合わせが新鮮で、そこからすこぶる充実したオペラが生まれている。

まずドラマティックで迫力のあるレヴァインの指揮が素晴らしい。

彼はこのオペラと音楽の抒情と詩的詠嘆の中に心底から共感し、それを彫りの深い表現に変えることに成功している。

そして当たり役のタチャーナを歌うフレーニが、何よりも素晴らしい。

フレーニは豊麗な美声とこまやかな感情で、見事なタチャーナを表出している。

彼女は、可憐で純情な少女から、気高く落ち着きのあるグレーミン公爵夫人への変貌を、ものの見事に演じきっており、その表現力の見事さには舌を巻く。

その他の独唱陣では、レンスキーのシコフがみずみずしく適役だが、あとはやや弱い。

特筆すべきは録音で、これ以上望めないほど音質がよい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 11:31コメント(0)トラックバック(0)チャイコフスキー | レヴァイン 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ