2008年06月08日

バーンスタインのマーラー:交響曲第3番


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

 

旧盤は、この曲のもつ田園風で天国的な憧れの気分を入念に表現しつくしている。第1楽章は明るい響きで抒情を描き、第3,6楽章は柔らかな表情のなかに緊張感がみなぎっている。ソロも美しい。

新盤でのバーンスタインは、持ち前の劇的な自我の表出を抑え、枯淡に近づくような抑制力を感じさせる。

第1楽章などそれでも線が太く、逞しく、自在な表情を駆使している。

マーラー固有の悲劇的色彩の濃い第1楽章の深々とした呼吸もさることながら、天国的ななごやかな美しさと、あどけなさをもった第2楽章以下は絶妙なうまさで、感動的だ。

バーンスタインと組んで、数々のマーラー作品を歌ってきたルートヴィヒの、キャリアの深さを感じさせる卓越した歌唱も素晴らしい。第4楽章では、ルートヴィヒが年齢を感じさせぬ美声で深沈した表情の歌を繰り広げる。

また、第5楽章の少年と女声の合唱団の、透明で、表情豊かな歌声もすぐれ、すべてが高度の熟達をもってスムーズに進行していく。

圧巻は終楽章で、従来の演奏とは異なった、清楚な悲哀の感情をたたえた歌が大きくふくらんでゆく。バーンスタインの人間的一面を見るような驚くべき演奏である。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:21コメント(2)トラックバック(0)マーラー | バーンスタイン 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by alma   2008年06月08日 17:19
バーンスタインのマーラーは、あまりにも表現が濃すぎて、
自分の体調が思わしくないときにはちょっと拒否反応が
出てしまったりします(笑)。
とは言え、やはり究極のマーラー表現の一つだと思います。
2. Posted by 和田   2008年06月08日 20:14
「究極のマーラー表現の一つ」その通りですね。様々な解釈あれど、これほどマーラーそのものになりきっている演奏は他には考えられません。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ