2008年06月10日

バーンスタインのマーラー:交響曲第4番


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

 

旧盤はバーンスタインのマーラー・シリーズの中でも特に印象的だ。

演奏は19世紀的な名残りをとどめるといってよい。旋律を息長く、たっぷりと歌わせ、テンポも自在に伸縮しており、非常に温かい響きをもっている。

しかし、ディティールは詳細に描かれ、音楽の流れは合法則的といってよく、その中にバーンスタインの感興が明滅するのが面白い。

第1楽章はリズミカルで安定した進行を示し、第3楽章は繊細に歌う弦がことのほか美しく、その悠揚とした歩みは、さすがにこの指揮者のスケールの大きさを示している。

終楽章のグリストの独唱は素朴だが、快活で晴れやかな気分がある。

新盤はコンセルトヘボウの威力を最大限に発揮させながら、マーラーの精緻なオーケストレーションを、卓越した表現力で再現した力演である。

ディティールをすみずみまで考えぬき、自由自在に表情づけを行うなど、独自の感性が示されているが、すべての音が解放感をもって鳴り響いて素晴らしい。

第1楽章第1主題など実に爽やかなリズムをもって生き生きと歌われているし、第2楽章は一層主観的だがデュナーミクは正確で的確、木管やヴァイオリンの色彩感覚なども特筆に値する。

ただ第4楽章のボーイ・ソプラノの起用は、興味深い解釈とはいえ、やはり疑問が残る。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:08コメント(2)トラックバック(0)マーラー | バーンスタイン 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by レニー狂   2008年06月12日 22:38
5 子供は無邪気で天真爛漫で、イノセントな存在です。でも時として、無知が故に、笑いながら残酷な事が平気で出来てしまう存在です。マーラーの4番はきっとそんな曲だと思います。終楽章の歌詞は楽園の生活を歌う内容ですが、残酷な描写も散見されます。
バーンスタインはこれを汚れ無き、無垢な天使の歌声で表現したかったのだと思います。ただ、結果はご指摘の通り、必ずしも成功とは言えません。オケも第三楽章までは自然な呼吸ですが、終楽章だけはほんの少し、窮屈な印象です。
2. Posted by 和田   2008年06月13日 03:55
確かに新盤は第3楽章までは天下の名演に違いないと思います。
ご指摘の通り、天使の歌とはいえ少年がよいとは限らないのでしょう。
旧盤はCBSへの全集の中では最高の演奏ではないでしょうか。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ