2008年06月15日

マゼールならではの「リング」ハイライト


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ベルリン・フィルのテラークへの初録音で、その録音は特筆すべき見事さである。

全4夜、14時間かかるこの超大作を、わずか70分に縮めた一大交響詩としているのがこのディスクの特色で、ただ単に聴きどころを集めた多くのハイライト盤にはない価値がある。

物語の流れにそって音楽を選びだしたもので、通常の「指環」の管弦楽曲集とは異なり、各作品からかなり細かい部分も採りだして、よりストーリーを重視した独自の構成をとっている。

マゼールの指揮は、ストーリーにそった、極めて精密な設計の行き届いたもので、切れ味のよい棒で丹念に描いており、ことにフィナーレの盛り上げ方の素晴らしさは、抜群だ。

マゼールはベルリン・フィルのもつ機能をシャープな感覚で生かし、輝かしく磨かれた響きと極めて幅広いダイナミックス、そして雄大なスケールで演奏している。

「ワルキューレ」や「神々のたそがれ」など、ひとつひとつのシーンが眼前に浮かんでくるようだ。

特に「ジークフリートの死と葬送行進曲」から「ブリュンヒルデの自己犠牲」にかけては圧巻で、息を呑むような素晴らしさだ。

マゼールは、まさに自分自身を出し切って、ワーグナーと勝負している。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:08コメント(2)トラックバック(0)ワーグナー | マゼール 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by わんわん   2008年09月23日 19:34

ワーグナーで、こちらもオススメですよ〜。

管と弦のバランスが私の好みでした。

http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=732819&GOODS_SORT_CD=102

安いので良かったらどうぞ〜♪

ただ少しノイズがあります。。。
2. Posted by 和田   2008年09月23日 23:29
参考にさせていただきます。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ