2008年06月17日

カラヤンの「トロヴァトーレ」


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

   

旧盤は顔ぶれの豪華さだけでなく、ヴェルディでもとりわけ輝かしい旋律美の上にドラマが成立するこのオペラの特質を、これほど十全かつ燦然と総合的に表現しつくした名演は稀だ。

カラヤンの姿勢は後年と変わっているわけではないが、純イタリア的でありながら、イタリア人も及ばないほど輝かしい音楽を作り出すことに成功している。

カラスとディ・ステファノの歌もどんなに絶賛してもしすぎることはない。

新盤での主役はベルリン・フィルで、その演奏は豊麗きわまりない。ゆったりとしたテンポで濃艶に歌うかと思えば、ドラマの緊迫と共にクレッシェンドとアッチェレランドを重ねてゆくダイナミズムの凄まじさなど、オケの独り舞台の感がある。

しかし、カラヤンが自分の思うまま濃厚な音楽をオケだけで作っているため、至る所で歌と管弦楽との微妙なズレが生じ、この作品独特の面白さは薄れてしまった。

ザルツブルグ音楽祭におけるライヴは、実演特有のキズは多少あるが、当時を代表する最高のキャストを集めた舞台ならではの魅力にあふれている。

カラヤンの指揮は晩年ほどのゲルマン的色彩への傾斜もなく、バランスのよい仕上がりだ。

歌手では何よりもバスティアニーニの気品ある名唱が聴きものだし、コレッリも力と輝きに満ちた声で互角の存在感を示す。シミオナートも素晴らしく、プライスも水準の高い歌唱だ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:14コメント(0)トラックバック(0)カラヤン | ヴェルディ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ