2008年06月21日

今週(今日)のハイビジョン ウイークエンド シアター


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

2008年 6月21日(土) 21:00 〜 翌 00:51 サントリーホール 公演
歌劇「フィガロの結婚」 全4幕    ( モーツァルト )

初めてこのオペラを接する人のために解説しよう。

モーツァルトの"3大オペラ"の最初を飾る傑作となったこのオペラは、ロッシーニの名作「セビリャの理髪師」の続きに当たる物語である。知恵のはたらくフィガロのおかげで、美人のロジーナと結ばれたアルマヴィーヴァ伯爵が、この物語では、ロジーンだけでは飽き足らず、結婚式が間近にせまっているフィガロの婚約者スザンナにまで手を出そうとするが、フィガロ、スザンナ、ロジーナたちに徹底的に懲らしめられる、という内容になっている。

このオペラは、モーツァルトが30歳(1786年)、最も脂ののりきった時に書かれたものだが、原作のボーマルシェの戯曲は、フランスの支配階級の腐敗堕落ぶりを強烈にこきおろしたもので、1784年パリで初演された時には大変な騒ぎとなったという。そして、このオペラもまた、1789年に勃発したフランス革命に一役買うことになった、ともいえるのである。


*以下お薦めの名盤
カラヤン壮年期の「フィガロ」
ベームの「フィガロ」

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:00コメント(0)トラックバック(1)モーツァルト  

トラックバックURL

トラックバック一覧

27日、TOKYO FMホールで、東京室内歌劇場コンサート・オペラによるモーツァルト作曲の歌劇「フィガロの結婚」ブルー・アイランド(青島)版を楽しんだ。 構成・指揮・演出:青島広志さん、オーケストラの代わりを担った多彩なピアノ:大島義彰さん。 現代に翻案した舞台は30...

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ