2008年06月24日

シノーポリの「マノン・レスコー」


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



「マノン・レスコー」はプッチーニの出世作となった作品で、全編に、プッチーニ独特の感傷的で、美しい旋律があふれた傑作である。

これはシノーポリ初のプッチーニだった。

しかもシノーポリの指揮が断然素晴らしい。

シノーポリの指揮は、感情の起伏を大胆なまでに大きくとった、スケールの大きなもので、そのダイナミックで甘美な表情には魅せられてしまう。

それはあたかもプッチーニの音楽をレントゲンにかけてその内部構造を透視し、その生理を解明していく名医を思わせる。

しかもシノーポリはそこにイタリアの血と肉の息吹きを与えている。

テンポは大きく伸縮し、音力や音量のディナーミクも多彩に変化する。

配役も素晴らしい。

ドミンゴは純情で情熱的な青年を歌いあげた当代最高のデ・グリューだし、可憐で気まぐれなマノンを演じきったフレーニの輝かしい歌唱も光っている。

特にフレーニは純情さと淫奔さを見事に歌いわけている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 04:19コメント(0)トラックバック(1)プッチーニ | シノーポリ 

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 中村初惠・歌の花束@ラリール??Tシャツ・アート展  [ La Dolce Vita 1/2 ]   2008年06月25日 12:49
21日、ラリールで、ソプラノ・中村初惠さん(左の写真・右)のコンサート「歌の花束」に感動した。 ヘンデル「オンブラ・マイフ」、中田喜直「おやすみなさい」「サルビア」「おかあさん」、團伊玖磨「藤の花」、湯山昭「六月の花嫁」、高田三郎「くちなし」、リムスキー=コ...

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ