2008年06月25日

ブレインのR.シュトラウス:ホルン協奏曲


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



R.シュトラウスは、ミュンヘンの王立歌劇場の名ホルン奏者の息子として生まれた。つまり、彼にとっては、ホルンのまろやかな響きは、物心つく以前から親しいものだったのである。

彼は、2つのホルン協奏曲を作曲しているが、これらは、モーツァルトの書いた4つのホルン協奏曲とともに、この種の作品としては、音楽史上の傑作として、広く親しまれ愛好されている。

ブレインは、1957年に自動車事故で36歳という短い生涯を閉じた。これは、亡くなる1年前の録音で、モノーラルなので音の状態はあまりよくないものの、ブレインの至芸を堪能することのできるディスクである。

演奏は、驚嘆すべき名人芸を駆使したもので、どのようなフレーズでも、淀みのないまろやかな音色で歌わせており、その卓越したテクニックと響きの美しさに圧倒されてしまう。

なんといってもホルンならではのカンタービレの素晴らしさにうっとり聴き入る演奏だ。フレージングがしなやかで、なんともいえぬ気品と香りがあり、詩的な余韻すらたたえている。

しかも演奏全体は抒情のみに流れることなく、表現の密度は濃い。

高音の美しさやレガート奏法の秀逸さ、テクニックの凄さ、音程の良さ、全てが音質の古さを越えて我々の心に迫る。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:43コメント(0)トラックバック(0)R・シュトラウス | ブレイン 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ