2008年06月29日

ボロディンSQのショスタコーヴィチ:弦楽四重奏曲全集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ショスタコーヴィチの作品は、よくベートーヴェンの作品と比べられるが、そのなかでも最もベートーヴェンに近いと思われるのは、15曲からなる弦楽四重奏曲である。

15曲という数からして、ベートーヴェンの16曲にほぼ近いが、内容的にもしかめっ面のイメージとは対照的ともいえる陽気さ、快活さすら刻印した作品も見られるというように変化に富んでいる。

晩年になればなるほど、精神的な深みのましてくる、という作風もベートーヴェンと似通ったところがある。

新メンバーになっていたボロディン四重奏団が、円熟して第2期の黄金時代を築いていることを感じさせる全集だ。

音質が全体に明るくなり、表現にも客観的な明快さが加わったため、やや難解な作品の特色を比較的あっさりではあるが、わかりやすく表出している。

彼らはショスタコーヴィチの作品に深い共鳴を示し、精緻な表現力と練り上げられた技術で、作品の本質を明らかにした演奏を聴かせる。

作品を気迫と集中力をもって再現しながらも、もう一つ別の視点から作品を俯瞰して見据えていくようなアングルの大きさが特筆され、ショスタコーヴィチの作品の豊かさを聴き手がじっくりと味わっていくことを可能にしている。

ショスタコーヴィチの本質を把握している団体の演奏だけに、ファンは絶対に座右に置くべき名盤といえよう。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 12:31コメント(2)トラックバック(0)ショスタコーヴィチ  

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by kikuy1113   2008年06月29日 22:09
深い共鳴ですとか本質を把握しているですとかの表現は、音楽評論家の批評そのもので、私にはあまり楽しいものではないように感じられます。もっと自分の言葉で書いてほしいですねえ。
でも、曲自体はなんだか楽しめそうです。
いつか中古で見つけたら、買って聴いてみます。
2. Posted by 和田   2008年06月29日 23:54
貴重なご意見ありがとうございました。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ