2008年06月30日

ボレットのフランク


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



フランクの晩年の作品である、いささかのてらいもない「前奏曲、コラールとフーガ」「前奏曲、アリアと終曲」「交響的変奏曲」を、ボレットは実に深い共感をもって演奏している。

超絶的なテクニックの持ち主として、注目をあびていたボレットだが、ここでは、そうした技巧をひけらかすことなく、作品の本質を深く掘り下げ、実に風格のある表現を行っている。

それにはもはやテクニックや構造的理解といったレヴェルを超えた、限りなく広い音楽そのものの世界があり、その情感豊かな表現力には魅せられる。

オーケストラを伴う「交響的変奏曲」も、またしなやかな表現が成立することになる。

ボレットは透明度の高い音で素直にさらりと弾き去っており、細部の精度や流れの美しさもいうことがない。

また、シャイーの棒もみずみずしい情感をたたえ、ボレットの風格あるピアノと見事にまじりあって、まことに美しい仕上がりとなっている。

コンセルトヘボウの、豊麗な弦の響きをよくとらえた録音も、素晴らしい。

このピアニストの懐の深さをしみじみと知らせてくれるCDだ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:12コメント(0)トラックバック(0)フランク | ボレット 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ