2008年07月06日

カラヤンのモツレク


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



カラヤンとウィーン・フィルによるこの録音は、19世紀から受け継がれ20世紀が求めたモーツァルト像の一つの理想的な具現である。

「レクイエム」でありながら、そこに内在するエネルギーの噴出力はまぶしいほどで、カラヤン独特のデモーニッシュな吸引力が全編を覆う。

ワルター同様、情緒の濃い、ロマンティックな表現で、聴いていると恐ろしさが身に迫ってくるような感じすら受ける。

各楽章の性格を深く対照的に抉り、速い部分と遅めの部分の落差をつけており、オケの重厚な響きが圧倒的だ。

「キリエ」のフガートの構築性、「怒りの日」のエネルギッシュな緊迫感、「みいつの大王」の激しさ、そして、モーツァルトの筆の止まった「涙の日」の光さす永遠の表現と、どれを取っても晩年のカラヤンが200年余り前の同郷の天才の魂と呼応したとしか思えないような素晴らしい表現が聴ける。

さらにそれを具現するウィーン・フィルの柔軟な表現力とウィーン楽友協会合唱団のスケールの大きい表現も忘れられない。ウィーン・フィルのソフトであたたかな音色は、ベルリン・フィルには求められなかったものだ。

独唱4人は充実したアンサンブルを聴かせているが、特にトモワ=シントウとミュラー=モリナーリがすぐれている。

それにしても、この「レクイエム」の中から聴こえてくる"魔性"の誘いには抗し難いものがある。

オリジナル楽器によるスリムなモーツァルトの対極にある「レクイエム」である。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:05コメント(0)トラックバック(0)カラヤン | モーツァルト 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ