2008年07月11日

カラヤンの「フィデリオ」


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



カラヤンはこのオペラを何よりもまずベートーヴェンの理想主義的な理念のドラマとして把握し、表面的なおもしろさやオペラティックな効果よりも音そのものの持つ力と理論を十二分に明らかにすることによって、人間的な感動を謳いあげるという態度をとっている。

歌手では、特にデルネシュが声の劇的な緊張と力強い輝きにおいて傑出しているだけでなく、あくまで貞淑な女としてのやさしい情感とリリシズムを失っていない。

第1幕前半にはカラヤンの美感によって磨かれた流麗な演奏が並んでいる。特にベルリン・フィルのみずみずしい響きと洗練された演奏が大きな力となっており、「序曲」から耳をひき寄せられる。

開幕の「二重唱」「マルツェリーネのアリア」、有名な「四重唱」なども美しさによって光っているだけでなく、ここでは「ロッコのアリア」さえも美が優先されている。

そのためドラマがやや置き去りにされている印象を受けるが、「ピツァロのアリア」から劇的な鋭さを加え、第2幕に入ると「序奏とフロレスタンのアリア」「メロドラマと二重唱」「四重唱」など更に充実した演奏を重ねている。

特にカラヤンの幕切れに向かっての昂揚の築き方に圧倒される。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 01:24コメント(0)トラックバック(0)カラヤン | ベートーヴェン 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ