2008年07月25日

セゴビアの芸術


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



94歳で長逝する3か月前まで、アメリカに演奏旅行をしていたアンドレアス・セゴビア(1893-1987)は、多くの意味から、ギターの世界に出現していた文字通りの巨匠であった。

しかも彼の場合、己の愛する楽器の地歩を独力で大きく引き上げたという、まさしく歴史的な貢献がクローズアップされずにはいかない。

20世紀、クラシック・ギターが"ルネッサンス"を迎え、世界中の名のある作曲家がギターに目を向け、各音楽大学にギター科が設置され、多くのすぐれたギタリストかつ音楽家たちがひしめくようになったのも、セゴビアのおよそ80年間にもわたる技量と、真心を尽くしての活動抜きには、決して考えられないのである。

いま、純粋に演奏家としてのみ彼を見れば、そのスタイルはあまりにもロマンティック、ときには主情的な表情づけの濃厚さが耳につくかもしれない。

とりわけバッハ作品、ソルなどの古典曲に関してはそうであろう。

しかし、いかなる場合にも、そこに巨匠ならではの深々として艶やかな"音"の魅力、どこまでも人間的な自然の感興から発するゆえにかけがいがないと思わせた"歌"の魅力が存在したこともまた疑いない。

ギター音楽古典派、ロマン派両巨匠の美しい小品を収めたこのディスクはその代表盤といえる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 03:10コメント(0)トラックバック(0)バッハ  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ