2008年08月06日

ケーゲルのノーノ:作品集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



名曲である。ノーノ屈指の傑作にもかかわらず、現在の評価は芳しくない。

この演奏にしてもしかり。ケーゲルという凄腕の指揮者がかつて存在したことさえ、今は忘れられつつある。しからば、あえてこの演奏を後世に伝えなければならぬ。

「力と光の波のように」は常にポリティカルな主張を内容とし、当時の前衛手法(クラスター及びテープ)を駆使した硬派なつくりである(ピアノとオーケストラにソプラノと電子音が加わる)。

すでにアバドとポリーニによる録音が存在したが、作曲家自身の強い要望により実現したいきさつがある。

ケーゲルのいささか表現主義的な彫りの深い表現と強い推進力を得て、きわめて表出性の高い音楽に練り上げている。

ノーノの作品は政治的な問題をテーマとしたものが多く、「墓碑銘」はスペイン内戦と関わっており、スペインの抵抗詩人ロルカの詩をテクストとしている。

また「力と光の波のように」は、チリの人民連合によるアジェンデ政権の誕生と関わっている。

政権はこの曲の完成した翌年に崩壊したが、これらの作品は、今日でも強い表出力をもって聴き手に迫ってくる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:00コメント(0)トラックバック(0)ケーゲル  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ