2008年08月12日

鳥の歌〜カザルス/ホワイトハウス・コンサート


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



1961年11月13日に故ケネディ大統領の招きでホワイト・ハウスの舞踏室イースト・ルームで行われたコンサートの録音である。

カザルスが頑張って演奏しているのがうかがえ、そしてどの曲も彼の音楽的発言力が支配している。

ではカザルス臭の強い音楽か、というとそうではなく、カザルスの解釈は作品の本質に足を据えた正統的なものだから、他の音楽家も納得するのだろう。

メンデルスゾーンのピアノ三重奏曲では、高度に緊密なアンサンブルが組まれているというわけではないが、燃えるような熱気が感じられる。

そしてカザルスが残した数多くの録音の中で、最も感動的なもの、と言えば、私はこの録音盤の「鳥の歌」を選ぶだろう。

カザルスは故郷のスペインがフランコ独裁政権に支配されてからは、二度と故郷の土を踏まず、フランコ政権を承認する国でも、演奏しようとはしなかった。

わずか3分半の演奏だが、望郷の思い、平和への祈りが、震えをおびる弓から、かすかなうめき声とともに立ちのぼる。

感動を越えて、何か神聖なものに触れる思いに胸を打たれる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:21コメント(0)トラックバック(0)カザルス  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ