2008年08月13日

ハンプソン&バーンスタインのマーラー歌曲集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



「さすらう若人の歌」はバーンスタインの優しさにあふれた解釈が印象に残る。1音1音をいつくしむかのようなバーンスタインの表現が素晴らしいし、ハンプソンもそれにしなやかに寄り添い、優れた歌唱を行っている。

「亡き児をしのぶ歌」のバーンスタインは内的な充実のある表現で新鮮な感銘を受ける。ハンプソンも共感にあふれた歌いぶりだ。

「リュッケルトによる5つの詩」もハンプソンなりのスタイルで曲の深さを充分につかみ出している。

ハンプソンの歌は、一時代前のフィッシャー=ディースカウ型のマーラーを過去のものにしてしまった。

こまかい心理表現が、これを聴いたあとでは泥沼であったようにさえ感じられる。

その若々しい声を存分に生かし、ハンプソンは清潔に、まっすぐに歌う。

それが最も生きるのは、やっぱり「さすらう若人の歌」か。バーンスタインとウィーン・フィルが、その清潔でまっすぐな歌をいとおしむかのような軽やかさを維持して、さわやかな演奏をしている。

ここでマーラーは入り組んだ情緒の海に転落せず、かすかな悲しみをたたえながらも、素直で美しい航路をたどって進む。

「リュッケルトの詩による歌」も、実にまっすぐだ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:05コメント(0)トラックバック(0)マーラー | バーンスタイン 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ