2008年08月14日

ヘッツェルを偲ぶ〜ウィーン室内合奏団のモーツァルト:ディヴェルティメント


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ヘッツェルが不慮の事故で亡くなる直前に、自ら主宰するグループの最もよい状態を記録しようと思ったことから録音されたものだが、まさにヘッツェル自身とこの団体の円熟した最高の状態が記録された名盤である。

ウィーン・フィルのコンサートマスターに就任した頃はいささか硬めの音だったヘッツェルが、この頃にはすっかりウィーンの音になり、彼の端正な音楽作りと高度の演奏技術とも相俟って、唯一無二の成果を生み出している。

素晴らしいテンポ感と決して崩れることのない安定した音楽作り、ヘッツェルの艶やかな音色、アンサンブルの温かく柔らかい響きなど、現代的な爽やかさとウィーン流儀が幸福な結びつきを果たした快演である。

ディヴェルティメント第17番は、作品のヴァイオリン協奏曲風な性格を思い切り前面に押し出した演奏である。

その分だけ室内楽的趣は弱められ、特に低弦部の扱いは完全にオーケストラのバス機能に徹している。

一方第1番は管楽器が多用されているだけに、テクスチュアが明確に浮き立つ面白さがあり、その分だけシンフォニックな効果を狙っているようだ。

同団体のモーツァルトは各社に録音も多いが、このディスクに収められている3曲は確か初録音である。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:10コメント(0)トラックバック(0)モーツァルト  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ