2008年08月15日

ビルスマのバッハ:無伴奏チェロ組曲(旧盤)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



1970年代頃以降オリジナル楽器の名手たちによって、いわゆるバロックの古典的名曲が次々に録音されるようになったが、それらの中にはその後の古楽演奏の発展に伴って、いささか古さを感じさせるものも少なくない。

しかし、この演奏はその完成度の高さからいって、今後もバロック・チェロによる同曲の録音のスタンダードであり続けるだろう。

ビルスマ49歳の録音だが、安定した技巧は円熟期にある音楽家の確かさを伝えている。

素朴であたたかみのある音色はユーモアあふれる人柄そのままだ。

語り口は饒舌だが押しつけがましくなく、自然で作為的なところがない。

解釈も充分に考え抜かれ、練り上げられている上に、自発性や即興性があるため、音楽の無限の多様性と可能性を提示する結果となっている。

ビルスマは後年再録音をしているが、ストラディヴァリウスを使った2度目の録音は、どちらかと言えばモダン楽器的なアプローチ。

繊細なアーティキュレーションによる語り口が生きた、バロック的な演奏といえば、やはりこの録音ということになる。

ビルスマのポートレートとしても聴き続けたいディスクだ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:21コメント(0)トラックバック(0)バッハ | ビルスマ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ