2008年08月18日

クレンペラーのハイドン:交響曲集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



高雅で格調高く、しかも音楽を聴く楽しみを満喫させてくれるハイドンである。

第88番は旋律のひとつひとつが息づく魅惑的な表現で、終曲のテンポが実に効果的だ。

冒頭の序奏から主部への移行が絶妙な第98番、実にチャーミングな「時計」、作品の容姿を完全に把握した表現の第95番、そして素朴だが気品の高い「軍隊」など、感動的なほど美しい。

第104番も偉大な表現で、メヌエットには非常な精気がある。

ロビンズ・ランドンは第95番をあまり高く評価していない。

しかしそんなことはつゆ知らぬまま、初めて聴いた途端にその偉容に痺れてしまったのが、クレンペラーのこの演奏だった。

ザロモン・セット中唯一序奏を持たない第1楽章冒頭から、アポロ的殿堂が打ち立てられる。

第2楽章はエレガント。しかし媚態のかけらもない。簡潔さがこれほど深い味わいを持つ音楽、演奏も珍しい。

素晴らしく恰幅のいいメヌエットに続き、ハ長調に転じる終楽章は、あのジュピター交響曲と同様のカタルシスが待っている。

ここでのクレンペラーは"ヴィヴァーチェ"おかまいなしのスタティックな姿勢に徹し、格調を崩さない。

約半世紀たっても敬服に値する演奏だ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:03コメント(0)トラックバック(0)クレンペラー | ハイドン 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ