2008年08月19日

F=ディースカウのシューマン:歌曲集(1959年ライヴ)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



1959年、ザルツブルグでのライヴ録音なので、音質はあまりよくないが、若いF=ディースカウの張りのある、美しい声が素晴らしい。

F=ディースカウは、言葉のもつイメージ機能の伝達にすぐれた歌手だけに、シューベルトやヴォルフの歌曲のように、遠心力の拡大に目を向けられる作曲家の作品の方が資質に合っている。

F=ディースカウのテクストに対する分析力の細かさは他の歌手の及ぶところでなく、言葉に対するリアクションの速さ、深さ、多様さなどは聴き手に無限の想像力を喚起する。

特に「ケルナー歌曲集」での重層的な感情の動きは、深く聴く者の心を捉えるはずだ。

「ひそかな涙」では、たっぷりとしたフレーズを心をこめて歌い上げ、終わりの2曲も、心を打つ名唱を聴かせてくれる。

「リーダークライス」には、エッシェンバッハやブレンデルの伴奏による録音もあるが、この作品のもつ若々しさをよく表現していることや、若い頃のF=ディースカウのみずみずしい歌唱を味わえるという点で、このディスクをとった。

ムーアのピアノも見事だ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:02コメント(0)トラックバック(0)F=ディースカウ | シューマン 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ