2008年08月27日

アラウのベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



定評のあるアラウのベートーヴェンだ。

アラウが円熟の域に達し、ベートーヴェンをはっきりとレパートリーの中心に定めた時期の録音である。

この作曲家の作品はアラウのレパートリーの中核を成すもので、それだけに練りに練った演奏を聴かせる。

アラウのベートーヴェン演奏の特徴は、悠々迫らずという表現の大きさにあり、ここでもアラウは、いわば信念のようなものを鳴り響かす。

そこには小手先の解釈上のアイディアはみじんもなく、それだけに骨太で、ヒューマンな表現に満ちている。

覇気と生気に満ち、テクニックも強靭そのもので、実に完成度の高い音楽を聴くことができる。

解釈も過度のロマンティシズムに陥ることなく、格調ある表現の内に高い精神性をたたえて、いささかも揺らぐことのない世界を開示している。

アラウは数少ない、伝統的なドイツ音楽の継承者だったが、この全集を聴くと彼自身がそのことを強く意識して、全集録音の意義をその点に置いているように感じられる。

そのため演奏は極めて厳格だ。

彼は決して恣意的に振る舞わず、純粋に音楽の構造そのものに発言させようと神経を集中しているのである。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 02:17コメント(0)トラックバック(0)ベートーヴェン | アラウ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ