2008年08月29日

クーベリックのドヴォルザーク:スラヴ舞曲集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



クーベリックは、スメタナの「わが祖国」全曲は、ライヴ録音も含めて実に6回録音しているが、ドヴォルザークの「スラヴ舞曲集」は、このほかには1955年のウィーン・フィルとのモノーラル録音があるだけである。

しかし、それが決してこの民族舞曲集を軽く見ていたためではないことは、祖国に対するクーベリックの熱い思いがいきいきと格調高い表現をもって歌われた演奏を聴けば明らかだろう。

もっと民族色を強く打ち出した演奏も少なくないが、クーベリックは、作品たちが本来もっている生命力や民族的な味わいを、爽やかな集中力をもってのびやかに再現するとともに、音楽のすみずみなで、いかにも美しく洗練された表現を無理なく行きわたらせている。

これ以外はないと思われるように自然で、巧みな緩急の変化や、哀調美しい歌と溌剌としたリズムの弾みなど、まさにクーベリックならではのもので、何度聴いても感嘆させられるに違いない。

特に、作品46の第2番をはじめ、メランコリックで牧歌的な調べの味わいの深さは格別である。

そうしたクーベリックの指揮に、バイエルン放送交響楽団がまったく間然するところのない見事な演奏で応えており、温かく柔軟な響きと、いたずらに華美になりすぎることのない品格の良い色彩も、演奏にいっそう美しい味わいを添えている。

数ある「スラヴ舞曲集」のレコードの中でも、最も音楽的に洗練された名演というべきだろう。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 02:18コメント(0)トラックバック(0)ドヴォルザーク | クーベリック 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ